水にぬれたあなたのスマホを修理するために手助けする情報サイト

ショップで修理の場合

スマホの状態をみてもらうとき

スマホが水ぬれしたときには、とりあえず応急処置をしたらショップにもっていって、スマホをみてもらうようにしましょう。
スマホを購入したショップなどで受付をして、待ち時間が少しあったらスマホなどに水没マークがついているか自分自身でみるのもよいかもしれません。
まず、ショップ店員が復旧できるかどうかをチェックしてくれます。
その際にスマホが復旧できないという場合は、修理ということになり別の修理工房に送られることになります。
なおショップ側が、スマホの修理が必要だと判断された場合は、修理をだす時点で、データーが消失してしまいます。
スマホを水没させるという事態がいつ起こるかわかりませんので、日ごろからバックアップをするようにしましょう。

保険をかけていたとき

販売店などのショップでの修理は、思わぬ出費となることがあります。
しかし、購入時などで保険に加入している場合なら無料でできる場合があります。
もし、いくらかの修理料金が発生する場合でも、保険に入っていない状態よりは安く修理してもらったり、スマホの状態によっては新品と交換する必要があっても、一部負担ですむ場合があります。
しかし、日頃から水ぬれなどのスマホのトラブルによるデーターを消失を想定して、データーのバックアップをされることをおすすめします。
修理を含め、機種変更が必要な場合は販売店などのショップが便利です。
けれど、販売店のショップ自体は修理工房ではないために、修理の必要があるとメーカーなどの修理工場に出荷される時点で、スマホのデーターは消失してしまうという覚悟は必要だといえるでしょう。


この記事をシェアする