水にぬれたあなたのスマホを修理するために手助けする情報サイト

スマホの修理店での修理なら

スマホのデーターがよみがえるかもしれない

ぬれたスマホをタオルで水分をきれいにふき取ったとおもっていても、まだスマホ本体の中に水気が残っている可能性があります。
スマホの表面が乾いていても、中に水分があるのも知らずに電源を入れてし起動してしまうと、とても危険な上に修復不可能になる可能性が大となります。
もし、ご自身でやってみることでスマホが起動する可能性があると思う方は、まずは完全に乾燥するようにしてください。
例えば天日干しによるスマホの乾燥を促そうとする場合は、夏などの日差しのキツイ季節以外は、ゆっくりと様子をみながら干すと復活する場合があります。
ネットでスマホを乾燥させる方法があるようですが、根拠のないものもあります。
たとえば、何もないときは、生米の中で乾燥させるということは、本当に乾燥できるのかはわかりません。
特にドライヤーを使ってスマホを乾かすのは、中の回路を傷つけてしまう可能性がありますので危険です。

ある程度のデーターは消えても

自分自身でなんとかスマホを起動しようとしてもダメ。
販売店のショップなどに行くと治らないために修理するとなれば、初期化されることになり、データーが消えてしまうと嘆いているあなたに、最後の手段として、スマホの修理専門店に修理してもらうというのはいかがでしょうか。
ただし、スマホの修理専門店といっても、各店舗によって修理技術が違う場合があります。
どうしても消失してほしくない、できれば復活してほしいと思うデーターであり、うっかりバックアップをしていなかった場合は、たとえ最初の修理専門店で治らないといわれても根気よく他の修理専門店を探すか、ネット上で検索してご自身がここなら大丈夫そうという修理専門店にお願いする方法があります。
なお、スマホが無事に起動した場合であっても一部データーが戻らない場合があります。
それも覚悟する必要はあるようです。


この記事をシェアする